川越のお店情報

昭和の街

昭和の街

中央通りの北側、蔵の街に接するエリアは看板建築の商店やかつての芝居小屋である旧鶴川座などがあり、街並みにも人の繋がりにも昭和の面影が残る商店街。

『縁むすび風鈴』期間中、毎週土曜日は 「よるカフェ」として昭和の街でカフェメニューのあるお店が延長営業しています。 お天気の良い夜はワインスタンドPONさん&福々スタンド横に 「そと呑み」コーナーも設置しますので、ぜひお立ち寄り下さい。
→詳細はこちらから

一番街商店街

一番街商店街

蔵造り商家の町並みが今も残る商店街自主協定の景観ルールで町並みを保存 約70軒の商店が立ち並ぶ川越一番街商店街は、土蔵造りの店舗(店蔵)である「蔵造り」の建物が今も残り、「小江戸」のイメージを最も強く印象付ける場所です。 江戸時代から明治にかけて物資が集散する商業都市として栄えました。

自主協定の景観ルールをつくり、実践して「川越一番街商店街のまちづくり」に取り組んでいます。
→詳細はこちらから

大正浪漫夢通り商店街

大正浪漫夢通り商店街

古き良き大正時代を思わせる情緒あふれる大正浪漫夢通り。通りを歩けば、そこかしこに大正ロマンの風情が漂います。毎日の買い物から、こだわりの逸品、川越観光のお土産などを販売する、個性豊かなお店が軒を並べています。

大正ロマンの雰囲気を求めて、テレビや映画の撮影によく使われる商店街。大正ロマンの風を感じに川越の大正浪漫夢通りへぜひお越し下さい。
→詳細はこちらから